ホーム » お金の勉強

カテゴリー別アーカイブ: お金の勉強

最近の投稿

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    徹底して勉強する

    進学塾などでは、提携している塾同士なら生徒が教室を利用することが可能というように、徹底して勉強がができる環境を作っているところもあります。関係ない人が勝手に塾を利用することはいけないですが、塾にお金を払って利用している人にとってはうれしいサービスとなります。問題があるとすれば塾の費用をどういう形で払うのかということです。

    勉強時間を多く確保するのなら、仕事をしていては確保することが難しいです。仕事をする時間を短くすれば今度は生活するためのお金が不足してしまうということにつながります。ただ、試験が近いなどの短期的に集中して勉強して場合は、仕事をする時間を短くすることも考えるといいでしょう。

    仕事をする時間が短くなると生活費は余裕はないかもしれませんが、その分はカードローンに申し込んで利用できれば問題ありません。カードローンの申し込みは銀行や消費者金融で申し込めますが、銀行ならイオン銀行からも申し込めます。

     

    費用工面と同時に返済計画も考えよう

    キャッシングローンや学生ローンなどのローンでお金を借りる場合や、奨学金を借りて大学や専門学校に通う場合には必ず、それなりの理由が存在します。後者は、もちろんそこで勉学に励むという理由、前者の理由は様々なケースが考えられますが、卒業旅行の費用や、単車の購入費用に充てたり、場合によってはイラストレーターなどの会社を興すための運転資金などに充てるケースもあります。

    しかし、いずれも場合も、借りたお金は必ず返済しなければならないのは言うまでもないでしょう。なので、できれば、お金を借りるときに自分の中で、「1年目はまだ余力が厳しいから十数万円返せるのが精いっぱいだ」のように返済計画を考えた上で、消費者金融や金融機関のローンを決めるべきではないかと思います。

    もちろん世の中の状況は時々刻々と変化するので、計画通りにお金が返せない場合があるかもしれませんが、何も考えずに借りて後で痛い目に合うよりはマシではないかと思います。

     

    カードローンの審査条件、失業中の身でも可能なのか

    アコムなどの消費者金融やみずほ銀行などの大手銀行からローンでお金を借りる際には審査を通過しなければなりませんが、その通過条件は大概、正社員などの定職に一定期間以上努めていて安定的な収入が見込まれていて、過去に借金をしていないことがあげられます。

    つまり、フリーターだったり、失業中の若者だったり、家の中でゲームばっかりして遊んでいるニートだったりする人は、審査に落ちてお金を借りることは難しいと考えられます。ところが、とある銀行のカードローンの申し込み条件の資料には、「本人に収入がない場合でも配偶者に安定かつ継続した収入が見込める場合、上限額は抑えられるものの、申し込むことはできます」と書かれていました。

    つまり先述した人でも結婚していれば借りることができるのです。でも、このような人で結婚している人は果たしてどれぐらい、いるのでしょうか。恐らく少ないと考えられる。配偶者は両親の事ではないので、やはり難しいのが現状だと思います。

     

    週間携帯で検討される甘い業者とカリキュラムの重要性

    数週間携帯を使っていて、たまに変色が生じる事もあります。それで機種交換の手続きを行う事も、たまにあるでしょう。携帯は、審査の甘い消費者金融と大きな関連性はあります。それが理由で、キャレントなどが検討される事もたまにあるからです。

    携帯料金は、やはり生活資金に大きく関わる事は間違いありません。時には予算不足になって、携帯料金支払いが難しい事例もある訳です。そういった時に色々考えた末に、甘い業者が検討される場合があります。実際、それは悪くない選択肢です。やはり着実にお金を確保できるメリットも、大きいからです。

    ただしそれを利用するならば、自分なりにスケジュールを組み立てる事も大切です。学校などにはカリキュラムがありますが、同じく予定を作ることは大切なのです。やはり無計画に利用してしまっては、色々と迷惑が生じてしまう可能性もあります。逆に計画的に利用すると、甘い会社から優遇される事もあるのです。したがって、計画は作るべきでしょう。

     

    ソーシャルレンディングでお金を借りる時代

    インターネットやSNSの普及により、多くの人とつながることができる時代になりました。例えば借金などの借り入れを行なう際も消費者金融やカードローンだけではなく、今では「ソーシャルレンディング」と呼ばれる、仲介業者を介してインターネット上で投資家からお金の借りることが出来るようになりました。

    インターネット上には日本国内と海外との隔たりなど存在しません。私たちはごく自然と海外の人々とつながれるようになったのです。国内企業も「楽天」などがいち早くネットビジネスに参入しショッピングサイトで業績を伸ばしました。のちに野球事業にも参入し「東北楽天ゴールデンイーグルス」が誕生。

    IT時代の到来を示すこととなります。球団としての楽天はスカウトの目が優秀であるといわれており、数多くの海外スカウトを派遣し、球団創設から日が浅いにもかかわらず優秀な外国人選手を獲得してきました。またメジャーで活躍する日本人選手が楽天に移籍するケースも多く、国内と海外を分けて考えているというよりは、国内と海外を区別していない印象を受けます。

    これからの時代は人種や国籍にとらわれないボーダレスな感覚が重要になってくるのではないでしょうか。

     

    消費者金融というのは勧誘はあまり

    消費者金融というのは、勧誘に関して色々と制限がありますから注意しておきましょう。過払い金問題などによって消滅してしまった大手消費者金融もあったりするのですが、それでも今でもやはり一つの業界として確たる地位を持っているのです。

    一定収入があれば、それだけでそれなりにお金を借りることができるようになっています。手数料コミで金利に関しては表示をするようになっていますから、その点においてはそこまで心配することはないでしょう。色々と良いサービスではあるのですが基本的には借りすぎないようにすることが重要であるといえます。

    いうまでもありませんが、金利の面からみれば相当に高いことが多いです。もちろん、歴史的に見れば相当に安くなっているのですが、それでもお金の借り方としては決して安くない、ということになりますから覚悟しておきましょう。少しでも条件がよいところから借りることができるようにした方がよいでしょう。